仕事がただ嫌で1年目で辞めるのは反対です

仕事がただ嫌で1年目で辞めるのは反対です

 

新卒入社1年目で辞めたいというときってありますよね。新卒入社1年目となるとようやく仕事にも慣れた頃だと思います。

 

 

それと同時に自分の力量もわかってくるでしょうし、この仕事自体が自分に合っているかどうかということについても悩み始める時期だと思います。

 

 

また勤めている職場の人間関係に疲れてしまったり、この職場にずっといると本当に自分が成長できるかどうかなど、現在の自分の仕事に対して色々考え始めるのが入社1年目の特徴的な悩みかと思います。

 

 

実際に私も入社をして1年目で突然のように色々と考え始めてしまって毎日のように悩んでいました。仕事も辛いですが、それ以上に現在の仕事場では自分は成長できないと思い、毎日辞めたいなと思っていました。

 

 

なのであなたのお気持ちは痛いほどわかります。

 

 

そこで今回は新卒1年目で辞めたいと思ったときに、どのように対処すればいいか実際に私が経験したことを含めてアドバイスしたいと思います。少しでもあなたのお役に立てればと思います。

 

 

結果から述べると私の場合は1年目で仕事を辞めました。

 

 

私の場合はもっともっと成長がしたいという思いと、当時の仕事の内容にとても不満を抱いており、もっと高みを目指したいという思いで辞めることにしました。

 

 

私の場合は目的が明確だったため上司に伝えやすく、比較的温厚的に仕事をやめることができました。

 

 

しかし、私の同僚は仕事がただ嫌で辞めたいという理由だったので結局辞められなかったという話を聞きました。

 

 

なので、もしあなたが辞めたいと思うのならばまずは理由や目的を明確にしましょう。

 

 

明確にしたところで上司など会社側にやめる胸を伝えた方が理由もしっかり伝わりますし、辞めやすいと思います。

 

 

そしてもう一つ大事なのが辞めた後のことをしっかりと予測しておくことです。

 

 

辞めてから今後のことを考えても、なかなか一歩が踏み出せず仕事がなかなか決まらないということが起きやすいです。次への一歩をどうするか、考えておくだけでも大切です。

 

 

仕事は人生に多くの価値を与えます。今の仕事を辞めたいと辞めたいと思うのであれば自分の人生のためにしっかりと理由と今後を考えた上でやめましょう。

 

 

入社1年目でやめてもキャリアが傷つくことはほとんどありません。むしろ転職をすることで色々な出会いもあり、色々な経験ができます。入社1年目で仕事を辞めて転職をすることは今の時代は珍しくありません。

 

 

あなたの人生のために、あなたが成長できるのであれば躊躇せずに新たな一歩を踏み出してみましょう。