新卒入社で退職したことに後悔しています

新卒入社で退職したことに後悔しています

 

「仕事を辞めたい」という悩みは、勤続何年目であろうが誰しも年に数回は感じる悩みだと思います。しかし、一番本気で考えてしまうのはやはり、入社したての1年目の時ではないでしょうか。

 

 

確かに1年目の時、まず入社すぐの研修で、大学生と社会人の違いのギャップに戸惑いますよね。

 

 

初めての上司、社会のマナー、会社の知識やルールを覚えるのに精一杯であった期間もつかの間、研修が終わって実践体制に入り社会の荒波にもまれるようになると、ますます社会の厳しさを感じることとなります。

 

 

私の場合、保険会社の営業職だったので、研修が終わると、すぐに1ケ月に保険契約2件というノルマが課せられました。

 

 

ノルマが達成できなければ同じチームの同僚に迷惑がかかり、同期とは比べられ、上司からの檄が飛びました。

 

 

沢山泣きましたし、毎朝起きて布団から出るのも嫌で、辞めたくて無断欠席したこともあったし、死にたいとすら思ったことがありました。

 

 

何回も辞めようと思いましたが、「石の上にも三年」と自分に強く言い聞かせてこの仕事はなんとか3年間続けてから結婚を機に退職しました。

 

 

結果からいうと、今となってはこの退職を後悔しています。なぜなら「新卒入社」というのは一生に一度しか使えないからです。

 

 

実際私の場合、転職活動にかなり苦労し、結局派遣として働くことになりましたが、給料は3分の2程度に減ってしまいましたし、妊娠しても産休をとれず、辞めなくてはなりませんでした。

 

 

もし前の会社を続けていれば、産休を取得して、年間100万ほどもらえていました。

 

 

又、もし中途入社で正社員として働くことができたとしても、給料は1からスタートとなり、同じ世代の同僚と比べたら給料に差がでてきて、退職金にも大きく影響がでてきます。

 

 

又、合計2社の勤務の経験からわかったことですが、仕事を始める際はどこの会社に入社しても、最初は大変です。

 

 

確かに最初に入社したときは、初めての社会人だったので、社会のマナーを身に着けるのが大変でしたが、それ以外の研修、知識、実践分部はほぼ同じぐらい大変でした。

 

 

結局どの会社に入社しても、慣れるまではどこでも苦労するのです。よっぽど他にやりたい仕事があるとかではなければ、辞めるべきではないと思います。

 

 

もし他にもっと割のいい仕事があるのではないか・・・と考えると思いますが、割のいい仕事などありません。給料が高い仕事ほど仕事は大変ですし、楽な仕事ほど薄給です。

 

 

もしそれでも辞めるというならその待遇面を覚悟して転職するといいでしょう。