自分のやりたい仕事ができず残業代も出ないので辞めたいです

自分のやりたい仕事ができず残業代も出ないので辞めたいです

 

入社1年目で辞めるか続けるか悩んだり、仕事内容が自分に合っているのか疑問に思うことは誰でもあることだと思います。

 

 

日曜の夜が憂うつだったり、不安になることばかりじゃないですか?私もそうでした。

 

 

私は高校生の時からリハビリの仕事に憧れ、高校生、大学生の時はその夢に向かってひたすら勉強し、やっと希望の資格を取ることができました。

 

 

希望の就職先が少なく、通える範囲でなかったため、取り敢えず資格が生かせる職場で経験を積んでから、再度就活して自分のやりたい分野ができる職場に行こうと心に決めて社会人1年目を迎えました。

 

 

希望ではなかったにしろ、夢である資格を取れたことに浮かれ、
その資格が生かせるというだけでウキウキしていました。

 

 

しかし実際に働いてみると分野が違うせいで全く興味が持てず、
現場に出てからが勝負だというのに、わからないことを勉強しようとも思わない始末。

 

 

病院勤務で患者さんを相手にする仕事なので、手を抜くことなど許されない現場でした。

 

 

とにかく仕事で、お金を貰っているので頑張らなくてはと思い、業務をこなしていましたが日を追うごとに残業は増えて行き、毎日平均5〜6時間は残業していました。

 

 

当然のごとく一月で100時間を超える残業時間となっていました。

 

 

それにもかかわらず残業代は支払われず、駅から遠いのに夜遅い時間の職員バスは無し。
深夜に自腹でタクシーで帰る日々が続きました。

 

 

4か月働きましたが限界でした。毎日出勤前に下痢、帰宅後に嘔吐。食欲不振の症状もありました。それでも今頑張って、将来やりたい分野で働けるように、経験を積んでおかないとと考えました。

 

 

しかし無理をすればするほど休日が楽しくなくなくなりました。

 

 

仕事をすることが怖くて、不安で休みの日も仕事のことが頭から離れず、「どうせ楽しんでも、また仕事に行かなければいけない」と思っていました。

 

 

彼がデートの予定を立ててくれても、楽しい時間から現実に引き戻される瞬間が怖くて、断ってしまっていました。

 

 

そんな私を見かねて、親と彼に、口をそろえて「もう辞めて実家に帰りな」と言われ、自分の体も精神もおかしくなっていたことに気付きました。

 

 

その職場はすぐに退職することができましたが、結局最後まで残業代は頂けませんでした。仕事を辞めて、就職活動を行うと希望の分野で働ける職場の募集が既卒のみの対象で見つけることができ、無事やりたい仕事に就くことができました。

 

 

自分のやりたい仕事を、一生懸命努力しながら行う上での辛さはこれから成長するうえで必要だと思います。しかしやりたくもない仕事を、劣悪な環境で続けることに意味があるのでしょうか?

 

 

仕事に一生懸命になって、周りが見えなくなってしまうことありますよね。

 

 

そのような時、きっと身近な人が気づいて心配してくれると思います。頑張ること以上に、少し休んでみたり仕事を変えようと考えることは、先のことを考えると、私はいいことだと思います。

 

 

社会人になったばっかりの時は誰でもわからないことだらけなのは当たり前ですよ!

 

 

仕事よりもお金よりも、あなたの体が一番大事です。仕事もお金もなんとかなりますが、心と体は壊れてしまうと、なかなか元に戻らないものです。