営業の仕事が自分に合っていないと思い1年目で辞めました

営業の仕事が自分に合っていないと思い1年目で辞めました

 

入社1年目で仕事を辞めたいと考えてしまうときってありますよね。
入社1年目というと仕事にもようやく慣れてきたころではないでしょうか。

 

 

それと同時にもう仕事が嫌で仕方ない、そもそも今の仕事が自分に合っていないと思ってしまったりと仕事に対して不安や不満が増すのも入社1年の頃だと思います。

 

 

実際に私も入社1年目で自分の仕事に対して不満がありました。
毎日の残業も嫌でしたしお客様からのクレーム対応なども嫌気がさしていました。

 

 

そして営業職がそもそも自分に合っていないなと思い始めたのも入社して1年目でした。

 

 

結果や数字を追うことに疲れてしまい、
自分がやりたかったものとはかけ離れているなと考え始めたのです。

 

 

なのであなたがこの時期に辞めたいと感じてしまうのはとてもわかります。

 

 

そこで今回は私の経験を元に入社1年目で辞めたいと悩んでいるあなたへアドバイスをしたいと思います。このアドバイスで少しでもお役に立てたらと思います。

 

 

結果としては私は入社1年目で仕事をやめることにしました。

 

 

一度仕事に対して疑問や不満を持ち始めると仕事に対してのモチベーションが下がってしまい、
これでは続けられないと決断をしました。

 

 

私は上司に納得をしてもらうためにも次に就きたい職種や転職先などを事前に調べていました。

 

 

上司にただ辞めるといことだけを伝えてもおそらく止められてしまいます。

 

 

なのでまずは次への行動をとってみることが大事だと思いました。
私は次にやりたいことをしっかりと決めた上で上司に辞めたいということを伝えました。

 

 

最初はやはり辞めることを止められましたが、辞めてからの将来やしっかりと先の予定を立てているということを伝えたらその熱意が伝わり、仕事を辞めることができました。

 

 

もしかしたら仕事を1年でやめるのは早すぎるのではないかと思うかもしれません。

 

 

しかし今の時代転職は珍しくないですし逆に色々なところで色々な人に出会い、
色々な仕事をすることがあなたをもっともっと成長させると思います。

 

 

実際に私も転職をすることで自分の本当にやりたいことを発見できましたし、
色々な出会いもあり、仕事の幅も広がりました。

 

 

仕事を辞めるということは不安もあると思います。

 

 

しかし辞めたいなと本気で思うならば、早めに行動をして次へのステップを踏みましょう。
そのステップがきっとあなたをもっと成長させる一歩になること間違いないです。

 

 

これから長い人生です。あなたが本当にやりたいことを仕事にしましょう。